原田泳幸の考えから見つめる今出来る強み|思考インポーター

いっぽ先へ行く人へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pick Up

講演の依頼と参加

セミナーの様子

原田泳幸さんは様々な経験をしてきた日本のビジネスリーダーとしても有名です。精力的に講演会などを行っており、ビジネスをする上で大切で貴重な意見を聞くことが出来るでしょう。

More...

名言から紐解く

新聞を広げる

原田泳幸はビジネスリーダーとして有名だった方で、多くの名言を残しています。数々の大企業を立て直してきたからこそ行き着く重みのある言葉が多くあり、戦略のいろはを知ることが出来ます。

More...

カリスマ性とマック

PCで作業をする

原田泳幸さんが行った日本マクドナルドの改革の中でも100円マックは代表的な改革の1つです。本来の強みを活かしたメニューと奇抜といえる破格の価格で販売したことで新規のユーザー獲得もでき、業績アップにつながりました。

More...

強みを活かすビジネス

円グラフを書いてみる

カリスマ性溢れるビジネスリーダーと言われた原田泳幸はAppleジャパンの立て直しにも貢献しました。赤字続きで低迷していたAppleの強みを見出し、プロモーションを行なうことで新しいユーザー層の獲得に成功しました。

More...

数値の見方

ブレインストーミング

日本の企業は形式的過ぎて面白みが無いと時々言われます。実際日本の企業は時代遅れとも言える習わし毎を常識的に続けている事が多く、海外企業から見た日本企業の多くが連携しにくいと感じていると言われています。原田泳幸さんは日本生まれのビジネスリーザーとして有名な方です。様々な企業で働きAppleジャパンや日本マクドナルドなどの業績を高めました。原田泳幸さんは常に思考を止めるなという言葉を放ちます。この言葉が意味することは思考を止めた時が企業の堕落の始まりを表しており、常に上昇志向で新しい時代に合った改革をしていく必要があるとしています。これは形式的な日本の企業には耳が痛い言葉でしょう。実際時代に取り残された企業が辿る道は廃業か吸収かのいずれかです。時代が進むのにそこで立ち止まればニーズが無くなることは素人目でも分かります。しかし組織の中ではこの立ち止まりつつある状況を客観的に見ることができづらい特徴があります。

多くの企業を再生させた原田泳幸さんはトップのリーダーは哲学的に目先の数値だけで動くべきではないという意見を持っています。目の前に下がり志向の数値を見れば誰しも数値を回復するための対策を講じるでしょう。しかしその対策は必ずしも数値回復に最適とは限りません。数値はあくまでも指標であり、その数値にばかり気を止めていると本来の強みを見失うことになるとしています。数値目的の企業は日本でも多いでしょう。数値を良くするためだけに機械のように働くのでは時代を席巻することは出来ません。目的を見失っては企業が企業である必要がなくなります。原田泳幸さんは業績が下がった時こそ本来の強みを再認識し、リーダーは社員に対し本来の姿へ戻るコーチングが出来る能力を身につけるべきとしています。